不動産売却について

西春師勝土地が選ばれる理由

home

創業 50 年以上
実績と安心をご提供します。

kitanagoya

地場業者として、
北名古屋市に精通しています。

hand

北名古屋市に精通した担当者が、
末永くお付き合いします。

不動産売却のメリット・デメリット

メリット

check01 次の購入等、身軽にライフプランが見直せる。

check01 売却額を確定できるため、将来価格の下落リスクを回避できる。

check01 固定資産税・都市計画税や管理費、修繕積立金等のランニングコストが不要になる。

デメリット

check01 地価上昇局面なら損する場合もあります。

check01 住宅ローン等の残債務が多ければ、自己資金での充当が必要な場合もあります。

※査定内容は査定時点での市況の予測に基づくものです。
※確実な収入を保証するものではありません。

売却と物件を貸すことの両方でお悩みのお客様は、貸した場合のメリット、デメリットもご 確認ください。

ご売却の流れ

無料相談

まずはお気軽にご相談を。

・ご所有不動産の売却を検討する際にはどれぐらいの価格で売却できるのか、
 買い手がいるのか知ることが大切です。
・不動産の売却スケジュールやご事情によって売却方法は変わってきます。
 また不動産の売却時にも諸費用がかかります。

調査・査定

調査・査定を行います。

・物件の状況や周辺の環境、法令など調査します。調査結果、近隣の取引状況、
 市況データ等を総合的に分析し、ご売却が見込める価格をご提案いたします。
 実際の売り出し価格は、売主様のご希望をお伺いしながら設定させていただきます。
・弊社では、不動産の売り出し価格、売却開始時期、期間、販売・広告の方法等、
 ご所有不動産の特性を最大限に活かすことのできる売却計画を立案し、
 ご提案いたします。
・もちろん査定費用は無料です。

媒介契約の締結

・正式にご所有不動産の売却を決断されましたら、不動産の売却活動をご依頼いただく
 ため、媒介契約をご締結いただきます。 媒介契約には、宅地建物取引業法第 34 条の
 2に定められている通り、次の 3 種類があります。
 なお、いずれの種類も契約の期間は 3ヶ月以内であり、お客さまからの申し出により
 更新することができます。
・専属専任媒介契約
・専任媒介契約
・一般媒介契約

※媒介契約の種類により、内容が異なります。詳細はお問い合わせください。

売却活動

・媒介契約締結後、営業担当は売却を実現するため、多様な媒体や手段を活用した
 売却活動を行っていきます。
  ①ご購入希望をご登録いただいているお客様へのご紹介
  ②ご来店のお客様へのご紹介
  ③自社ホームページへ掲載
  ④アットホーム等の各種不動産ポータルサイトへの掲載
  ⑤新聞折込広告へ掲載
  ⑥ハウスメーカーへのご紹介依頼
  ⑦指定流通機構(レインズ)への登録
  ⑧近隣にチラシを配布
・各種の売却活動により、売主様の不動産にご興味を持たれたお客様を、スケジュールを
 合わせて物件現地見学にお連れしますので、御協力をお願いいたします。
・営業活動の状況については、日常の電話・メール等での報告等定期的にご報告させてい
 ただきます。

不動産売買契約

・ご購入を希望されるお客様が見つかりましたら、不動産購入申込書のご提示をいただき
 ます。代金の支払い方法や引渡し時期などの確認を行います。
・買主様への重要事項説明
 「重要事項説明書」を作成し資格を有する宅地建物取引士より重要事項説明書の説明を
 行います。不動産売買契約締結前に、契約内容・条件のほか、契約日時、場所、手付金
 の授受についてなどを再確認させていただきます。同時に、契約時にご準備いただくも
 のをご案内いたします。
・不動産売買契約の締結・手付金の受領
 不動産売買契約締結後は、契約書の記載内容に基づいて、双方の権利や義務を履行する
 ことになります。義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、
 不明な点は必ず担当者にご確認ください。

物件のお引渡し準備

・契約条項の履行
 不動産売買契約条項に盛り込まれた、売主様が物件引渡しまでに行う事項を、スケジュ
 ールに沿って進めていきます。弊社では、測量士や解体業者、リフォーム業者のご紹介
 など、万全のフォローをお約束いたします。
 また、物件に住宅ローンが残っている場合、
 残債を精算し、抵当権を抹消する必要があります。受領する残代金で住宅ローンを精算
 する際には、残代金の受領日までに借入先の銀行等で手続きを行い、抹消登記に必要な
 書類の準備を用意する必要があります。
・お引越し
 不動産売買物件に居住中のお客様は、ここでお引越しが必要となります。
 残代金の受領と物件の引渡しは同時に行われるからです。
 弊社では、引越会社はもちろん、必要な方には賃貸物件のご紹介もさせていただきます。

残代金の受領・物件のお引渡し

・買主様より売買代金の残金をお受け取りになると同時に、
 所有権の移転登記手続きと、物件のお 引渡し(鍵のお引渡し)を行います。
 また仲介手数料や司法書士へ登記費用等諸費用のお支払いをいただきます。
 これで不動産売買のお取引は完了いたします。

諸費用について

 仲介手数料

ご購入が成約した場合にのみ、その取引額に応じて、所定の仲介手数料(消費税込)が 必要となります。

check01 印紙税

不動産売買契約書に貼る印紙代です。不動産価格により額面は異なります。

check01 所得税、住民税

ご売却にともなう譲渡益が出た場合、所得税・住民税が必要となります。ご売却不動産 の所有期間や居住用財産であるかなど、諸条件により計算方法が異なります。控除制度が利用できる場合があります。詳細は弊社営業担当、税務署・税理士などにご確認ください。

所得税、住民税

check01 建物解体費

建物がある場合

check01 不要品処分費

check01 登記費用

ローンの抵当権抹消登記、住所変更登記、相続登記等の費用です。

check01 土地測量費用

check01 引越し費用

お問い合わせはこちら